結婚式で被った、人生初のウィッグ

30代女性です。私は自分の結婚式の時に、人生初最初で最後のウィッグを被ったので、その時の話を書きたいと思います。私は20代前半でできちゃった結婚をし、男の子を一人授かりました。私たちの結婚は、その成り行きから親の反応があまり歓迎されたものではなくて、結婚式をあげるといった選択肢は結婚当初全くありませんでした。寧ろ親の反対を押し切っての結婚でした。そんな中息子も無事生まれて、私は初めての子育てに奮闘していました。それから2年を過ぎた頃、私の両親からやっと結婚式を挙げても良いと言う判断をもらいました。私は嬉しくて主人と息子と3人でたくさんの式場を見学に行って、最初で最期になるであろう結婚式の準備にとりかかりました。でも、1つ問題がありました。それは私の髪の毛でした。長い髪は邪魔になるだけで、息子が生まれてから私はずっとショートの短いヘアスタイルばかりでした。私は子供の頃から、自分の結婚式で着たいウェデイングドレスがありました。そのドレスには髪の長いヘアスタイルが一番合うと分かっていたのですが、私の当時の髪型をいくら頑張って伸ばしても間に合わない事は一目瞭然でした。そこで、式場のスタッフさんに相談して、私の希望するウェデイングドレスに似合うウィッグを被る事になりました。結果大成功でした。理想の自分になれてとても満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です